www.madrigalsingers.net

ショップにて使う場合経験したことがあるのではと考えますが、店員が未熟なことでどのレシートを利用者に対して渡したら良いのかわかっていない時があるはずです。というのも、カードを利用すると、レジ端末3枚1組の紙が発行されるからであり、このレシートの中のどの1枚を客の方へ渡したら良いかわかりにくいというケースがあるのです。3枚1組の明細の正体とは・・・これまで述べた3組綴りの明細レシートの正体とはとはいかなるものなのかというと、以下の通りです。1利用者へ渡さなければいけない明細レシート。2店舗控え用の使用レシート。3カード会社保管用レシート(署名をする紙)。普通であれば例外なく客の方に渡す用の明細をもらうのが正しいのですが、ごくたまに、店舗で保管する紙の方をお客さんへ渡してしまうパターンや、サインをした方のレシート自体を渡してしまったというような痛恨のミスもあります。特に時間給従業員の場合やさほどクレジットというものが使われることのない店頭の会計にてクレジットを使うと、そういった店舗従業員の動揺を見られるでしょう(笑)。いつの日か従業員が上述のようにレシートというものを提示してきた場合には「これは違いますよ」と一言教育してみてはいかがでしょうか。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.madrigalsingers.net All Rights Reserved.